6月6日は韓国の公休日「顕忠日」

カエリタコ

-

今日は6月6日。

平日ですが、学校はお休みです。

というのも、今日は韓国の公休日「顕忠日」です。

ハングルでは현충일(ヒョンチュンイル)と書きます。


현충일(ヒョンチュンイル)ってなんの日?

以下引用

顕忠日(朝鮮語: 현충일、ヒョンチュンイル)は、大韓民国における戦没者追悼の記念日で、6月6日[1]。

1956年に「顕忠記念日」として制定され、1965年から毎年この日に国立ソウル顕忠院で追悼行事が行われている。


昨日の月曜日、新学期が始まり、最初の授業であるオリエンテーションを受けました。

そこで今学期のスケジュールが配られ、

早速明日休みであることが通知されました。


そこで先生が현충일(ヒョンチュンイル)について、

戦争で国家のために戦死した兵士を追悼する日だと

かんたんな韓国語で説明してくれました。


恥ずかしながら昨日この公休日について知り、

予定のない休日を過ごしていました。


すると、午前10時ごろにサイレンの音が聞こえてきて、

「なにごとか!?

 地震!?津波!?はたまたミサイル!?」と焦りました(⌒-⌒; )

後でカカオトークで先生に聞いたら、黙祷のサイレンでした。



昨年に母と「自由の橋」がある臨津閣(イムジンガッ)に行ったことがあります。

すぐそこに北朝鮮見えました。


橋の向こう側が北朝鮮。


北と南を隔てる門には、

訪れた人たちのたくさんの想いが寄せられていました。


他にも、釜山にある国連墓地「UN記念公園」にも行ったことも。

どちらも言葉にしにくい、悲しさと複雑な気持ちになりました。

ブログを書いているので文章で伝えないといけないところなのですが、

こればかりは実際に現地に行かないと体験できない感情だと思います。


興味がある方はぜひ一度訪問してみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link

この記事を書いた人:カエリタコ
    \  シ ェ ア す る  /