【準備】韓国留学を決めてから出発当日までにしたこと

カエリタコ

-
韓国留学を決めてから出発当日までにしたこと 
ビザ申請、学校の手配、寮の手配、留学するとなると、やることいっぱい・・・。
韓国へ留学すると決めた日から、渡韓までにやったことや、手続き、その他参考になったサイトをまとめました。
これから韓国留学するという方の参考になれば幸いです。
留学そのものが初めて」「知り合いに詳しい人がいない」「語学に自信がない」という方は、エージェントさんに頼ることをオススメします。
自分に合った方法で有意義な留学を。

1.まずは韓国の留学情報を集める

 韓国の留学情報を集める 
韓国への留学の意思決定のあとにまずすべきことは"情報収集"です。
留学と一言で言っても、留学の種類により手段が異なります。
  • 「語学留学」…外国語を学ぶための留学。
  • 「交換留学」…大学などの学校で実施されている留学制度。
  • 「正規留学」…海外の大学に正規生として入学すること。
などなど。
他にもワーキングホリデーもありますが、この記事では「学校に通う」ことを前提に書いていきます。

▽いろいろな調べ方

  • 学校の機関を利用してみる・・・学生の場合、学校の留学支援機関、詳しい先生、留学した先輩に聞くことがオススメ。自分に合った情報も得られるでしょう。
  • 留学説明会に行ってみる・・・お近くの地域で開催されている「留学説明会」を探してみましょう。留学説明会では、専門の留学エージェント(仲介業者)さんが学校の情報から費用まで具体的なお話を聞けます。
  • ネットで検索・・・留学会社のHP、留学生のブログなど。このブログにも韓国留学について色々書いてあるのでどうぞ参考にしてみてください。
私は社会人留学でしたので、まずは留学説明会でお話を聞きに行き、ネットで情報を調べ、自分で手配しました。

「韓国留学」に関しての多くはソウルの学校が多く、大邱のように地方都市の学校情報は日本語の情報が少ないです。(釜山あまだあるほう)
後述しますが、ソウル・釜山以外の都市へ行かれる方はある程度の韓国語能力があると安心です。
ネットで調べるにあたって参考になったサイトは「 【準備】韓国留学の準備で参考になったサイト」でまとめてあるのでこちらもご参考ください。

2.どこの都市へ留学する?(ソウル、釜山、大邱、etc..)

*行きたい語学堂や大学が決まっている方は「4.韓国留学のビザの種類」まで飛ばしてください。

韓国で留学できる主な都市
  • ソウル
  • 釜山
  • 大邱(テグ)
  • 仁川(インチョン)
などなど…
地方になればなるほど「日本人が少ない」「訛りがある」などの特徴があげられます。
そのため、地方都市へ留学は韓国語がある程度できる方におすすめ。

大都市ソウルは学校も観光地もすべてあるだけでなく、仁川から日本の各都市と行き来しやすいのも利点です。(韓国の地方⇔日本の地方だと行き来がたいへん!)
釜山には「福岡に住んでて近いから」という理由の人もちらほらみえました。

3.どの学校へ留学する?

続いては留学先の学校の選定です。
学校を決める基準の例は、
  • 「授業の方式」
  • 「立地・交通の便」
  • 「日本人の割合」
  • 「学校のブランド」
などなど。

都市選定と同じく、まず何を一番優先するのかを決めるとよいでしょう。
立地は結構重要で、学校が山奥にあると街へ出るのがたいへんだったりします。

語学堂のWebサイトやエージェントさんのWebサイトなどで、教科書や日本人の割合を調べることもできます。

釜山大学語学堂の体験レポ「【体験レポ】釜山大学語学堂へ短期留学してきた」に授業、教科書、日本人比率など細かく書いたのでこちらも参考にしてみてください。

4.韓国留学のビザの種類(どのくらいの間留学するか?)

JSK542_passtomemo_TP_V-1024x660.jpg
ビザの申請について、語学留学か、正規or交換留学によりビザの種類が異なります。

①語学留学で短期(90日以内)の場合
お隣の国、韓国は、90日以内であれば留学目的の滞在もノービザでもOKです。
また、長期の場合でも90日以内に日本を行ったり来たりする方はノービザでも可。

②語学留学で長期(90日以上)の場合
D-4ビザが必要です。

③交換留学or正規留学の場合
D-2ビザが必要です。

いずれも学校の「入学許可書」も必要になるので、「5.留学する学校の手配」と同時に進める必要があります。

▽ビザは少し複雑なのでより詳しいサイトもご参考ください。

▽大使館のサイトであれば一番確かな情報ではありますがちょっとわかりにくいです。

5.留学する学校の手配

学校の手配は、学校側が日本語で対応してくれるか否かで難易度が変わってくると思います。

筆者が釜山大学語学堂に申請した流れ
HPで願書のPDFをダウンロード→印刷→漏れなく書いて(韓国語わからなかったので英語で)→メール送付or海外便で願書を送る
(私は海外便で郵送しました。)

語学堂HPの調べ方

韓国語で
「行きたい大学名(○○대학교)+語学堂(어학당)」
と検索すると、出てくるはずです。
学校によっては日本語ページもあります。

願書が学校に到着したあと、学校から「願書を受け付けました」という旨のメールが来ました。
その後、支払いや寮についての詳細も全てメールで受け取りました。

メール文は基本、韓国語と英語で同時に送られてきたので、韓国語が出来なくても英語ができれば意思疎通は可能でした。学校によっては日本語でも対応してくれます。

6.滞在先の手配(学生寮は願書と一緒に申請)

筆者は学校の寮に住むため、願書提出と同時に入寮申請もしました。 

韓国の滞在方法は大まかに
  • 学生寮
  • 下宿(ハスク)
  • コシテル
  • コシウォン
  • ワンルーム
と行った所でしょうか。

コシテルとは?韓国留学専門社さんのHPがわかりやすいです。

下宿(ハスク)とは?ソウルナビさんのHPへ

私は学生寮、コシテル、ワンルームに住んだことがあります。
下宿は経験がないのでわかりません。
コシテルは保証金(いわゆる敷金)なしで短期でも入居可能。ご飯やおかずを提供してくれるところも。ただし、部屋は狭め。
私が済んだコシテルは、水道の臭いがひどい、壁が薄くて隣人のいびきが聞こえるなどなど…短期なら住めますが、3ヶ月以上の中長期は正直しんどいです…😂

宿探しの方法は?

釜山に留学に来ている日本人に聞いたところ、
①学生寮
②現地に知り合いが居る
③エージェントを通して
という方々が殆どでした。
来韓後の宿探しは困難ですので、事前に手配しておきましょう。

余談)実は、提出したのが締め切り2週間前でしたが、学校も寮も問題無く入ることができました。
これは、釜山だからかもしれない…(ソウルの人気校だと無理だったかも…?)
 

7.学費、寮費の支払い

願書を受け付けてもらった後は、学費を支払います。
釜山大に3ヶ月留学のリアルな費用は「釜山で3ヶ月間短期留学した際にかかった費用 」をご参照ください。

最初に支払ったもの
  • 授業料
  • 寮費
  • 雑費(保険料など)

学校からのメールに受け付け銀行が英語で書いてあり、海外送金で送れました。

8.航空券の予約

留学準備‗航空券の予約 
つづいては航空券の予約。
韓国の場合、長期滞在の場合は片道で取っても問題ありませんでした。※税関、空港カウンターで外国人登録証の提示が必要
往復でとる場合、往復期間が1カ月以内だと安い航空券が多いのですが、それ以上だと標準または標準以上の航空券が多いです。

▽航空券を一気に検索できるサイト

ちなみに、格安航空会社(LCC)はこういった仲介サイトに登録されてなかったり、キャンペーン特価が掲載されてない場合が稀にあります。
そのため、航空会社の公式サイトもチェックすることもオススメします。

余談)予約時にアルファベット一文字間違えて大損したので、どうかみなさまもお気をつけくださいませ。

9.交換・正規の場合は、履修登録やバディー(トウミ)の申請も

履修登録やバディー(トウミ)の申請も 

交換・正規留学の場合、履修登録(韓国では授業申請といいます)をします。

多くの方は学期が始まる直前に来韓されるので、日本で履修登録をしてから来韓します。

*交換留学生の場合は日本の大学側のガイダンスや先輩方のアドバイスに即してください。


正規学生の場合はそれがすべて現地の大学、現地の先輩方に変わります。
日本のように親切でない(それが留学というものですが;笑)ので、事前に何度も確認する必要があります。

確認しても何度も失敗しましたが・・・。(´;ω;`)


履修登録やバディー(トウミorチューターorメンター)の申請はすべて期間が決まっており、短いことが多いです。


バディー(トウミorチューターorメンター)って?

いわゆる現地での「サポート役」です。

慣れない土地で困った時に助けてくれる韓国人の学生です。

渡韓後、携帯電話の契約、銀行開設、履修登録など、韓国で生活する上で様々なことを手伝ってくれます。


10.荷物の準備。(荷物は最低限がオススメ)

留学準備 荷物 
留学の荷物準備は引っ越し準備に近いです。
が、韓国の学生寮やコシウォンはあまり広くありません。コシウォンはまじで狭い。
なので最低限がオススメです。
長期留学の場合、途中で日本に帰って衣替えをすることも。
日本から持ってきたほうがいいもの、韓国で買えるものに関しては「【準備】韓国留学に必要or便利だったもの・要らなかったもの」をご参考ください。

 

11.役所に行って海外転出の手続き(忘れずに)

役所の手続きも忘れずに。
筆者(社会人)は地元の区役所(または市役所)に行って、海外転出届けを出しました。
国民保険、年金、市民税など、
手続きをしないと「支払わなくていいもの」まで費用がかかりもったいないです。

3ヶ月以上の留学予定の方は、一度市区町村の役所に行くことをオススメします。

▽詳しく参考になるサイトはこちら

12.いざ韓国へ!

そして、出国です。さよなら日本、アンニョン韓国。

意外と知られてない韓国の留学生活に使える便利なアプリなんかは「韓国留学・旅行で滞在中に使えるスマホに入れておきたい便利なアプリ【iPhone】」で紹介しているので参考にしてみてください。

筆者は上記のすべてをおおよそ1ヶ月半で準備しました。
願書受付など学校側がすぐ対応してくれたのでなんとかなりましたが、最低でも3ヶ月前から準備を始めましょう。

韓国留学に関する記事まとめ(留学準備~留学生活)

Sponsored Link